共感能力 実はカラダへの負担に

みなさん、こんにちは♪

「迷い人のランプ🪔」宮本恵利子です。

今日は、共感能力についてお話します。

実は、

身体症状が起こる人というのは

他人の感情を

自分の内面に取り入れる能力が

とても高いというケースが多いんです。

つまり、

共感能力が高いほど、

副腎や下半身にストレスを

溜めやすいということになります。

共感能力が高いと聞くと

一見、

良いようにも感じますが

そのままにしておくと

他人の感情がカラダに

溜まったままになっていってしまい、

自分の

身体症状に現れてきてしまいます。

誰しもが、

共感して

相手を元氣づけたいという氣持ちは

持っているものですが、

自分の「キャパ」を超えてしまうと、

相手に依存させてしまい、

相手の欲求が

エスカレートしてしまうことが

往々に起こってしまいます。

自分と相手を

きちんと線引きすることが

とても大切になってきます

いかがでしたか?

あなたも

共感能力、高くなってないですか?

少し意識することで、

きっと心が軽くなりますよ。

あなたの人生が

笑顔多き人生になりますように

☟こちらでは

 「迷い人のランプ🪔恵利子」として

 自律神経を整えるための

 いろんなマインドについて

 発信しています こちら

読んでいただき

ありがとうございました🙏

==============
この記事を書いたのは・・・
==============

 迷い人のランプ🪔 
3年前にバイク事故に遭い顔面挫創したことから、

真の笑顔の魅力を活かした人生の過ごし方を伝えています。

講師の講座はこちら(外部リンク)>>

講師のプロフィールはこちら>>
講師のコラムはこちら>>

●○●○●○●○●○●○
Raiseでは、学びをアウトプットする場所として、会員制サロンSalonRaiseを運営中。
サロンメンバーだけのアウトプット会を週1回開催しています。
詳しくはこちら>>

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP